セレック オムニカム セレック MCX ブロック(セレックブロック) ブロック(e-max cad) ブロック(クラレノリタケ、ジルコニア) ステイニング




セレック オムニカム

ドイツ、シロナ社製の光学印象機器
被せ物や修復物の作製を行うときにはアルジネートやシリコンなどの材料で型採り(印象と言います)が必要ですが、この器械を用いれば、カメラでスキャンするだけで型を採る(光学印象)ことが可能です。基本的には保険外の修復などで使用いたします。型取りが苦手な人にはすごく便利な器械です。
セレックオムニカムで型採りした情報は、ミリングマシーン(セレックMCX)やジルコニアなどを焼くためのファーネス(スピードファイヤー)などと全てデジタルネットワークで連動しており、型採りから最終修復物の完成まで1時間足らずで可能になります。




ミリングマシーン MCX

セレックオムニカムでスキャンした口腔内の情報を元に、ブロックから歯を削り出します。セラミックやジルコニアなど何種類ものブロックから、患者様の口腔内に最適なブロックを選択し、スキャンデータを元に、このMCXが削り出します。ウェットミリングだけでなく、ジルコニアを削るためにドライミリングも行う事が可能です。
ロングスパンのブリッジ以外は、この器械でほとんど対応可能です。




セレック スピードファイヤー

ジルコニアなどを焼くための炉(ファーネス)です。セレックMCXで削り出した修復物の中には、そのままの状態で口腔内にセットすることも可能な材料があります。しかし、ジルコニアやe-maxと呼ばれる材質の物は、このスピードファイヤーで高温焼成(シンタリング、クリスタライゼーション)する必要があります。
またこれらの修復物は、意図的に着色(ステイニング)することで、より審美性の高い修復物を作製することができます。さらに、最終的にこのスピードファイヤーを用いてグレージング(艶出し)することで、プラークの着きにくい綺麗な表面性状にすることが可能です。