わたなべデンタルクリニック

011-888-4618

information
お知らせ

わたなべデンタルクリニックの過去のお知らせに関しては下記のタブよりご覧ください。



HOME > latest information

NEWS

2019年11月17日

東京ICDE

この週末は当院の技工士と一緒に東京まで行き、セミナーを受講してきました。土曜日は札幌が荒天だったこと(左上の写真は飛行機の主翼についた雪を溶かしているところ)や、嵐のコンサートの影響もあり、千歳空港はすごく混み合っていて、東京行きの飛行機は定刻になってもまだ120名以上のお客さんの搭乗を待っているとのアナウンス。結局30分ぐらいの遅れで出発。かなりの回数飛行機に乗っていますが、こんな経験は初めてです。
セミナーの内容はセラミック修復です。セラミックをどのように色付けして、隣の歯と似せていくかと言った、技工サイドのセミナーです。現在、当院のセラミックのほとんどを、当院の技工士が作製していますが、このセミナーを通じてシステマティックに整理ができ、より明日からの治療を面白く感じてくれるのではないかと期待しています。今も、前歯の複数本のセラミックや全顎的(口腔内の全てにわたる)セラミック修復を手掛けておりますので、それらにも良い意味で影響が出るのではないかと思っております。来年には、それをもっともっと勉強しに、技工士とリヒテンシュタイン(スイスの隣の国)まで勉強しに行くとか行かないとか、、、。

2019年11月1日

セレックガイド

一気に寒くなってきましたね。わたなべデンタルクリニックでは床暖が稼働し始めました。初雪ももうすぐそこまできているのかもしれません。タイヤ交換をそろそろしないといけませんね。
ハロウィーンも終わり、街中などではこれからクリスマス商戦です。わたなべデンタルクリニックでも、今日からクリスマスツリーが飾られています。外から見るとより一層綺麗ですので、近くをお通りの際は是非ご覧ください。
今回ご紹介するのは、セレックとインプラントの融合です。インプラントを行うときはガイドと呼ばれるものを使用してシミュレーションした通りにインプラント手術を行いますが、このガイドをセレックで作製することができます。
当院にあるプライムスキャンは北海道第1号機です。稼働して1ヶ月が経ちました。来年にはさらに色々なソリューションを、このプライムスキャンが可能にしてくれると思いますので、ご期待ください。

2019年10月28日

飛行機

先週末は大阪で私の所属するスタディーグループのカンファレンスに参加してきました。久々の大阪でしたが、相変わらずエネルギッシュな街ですね。今回勉強したきたのは、インプラントにおける骨造成。2年前にハンガリーまで行って勉強してきたソーセージテクニックと呼ばれる骨造成がテーマで、非常に興味深い内容でした。当院でも来月に、骨が薄くてインプラントができない方に大きく骨を造成させる手術を行う予定です。ちなみに、来年11月にもまたハンガリーのDrウルバンのオフィスに勉強しに行ってくる予定です。今から楽しみです!!
話は変わりますが、私は極度の高所恐怖症です。テレビ塔にも登れないレベルです。しかし、飛行機だけは不思議ですがなぜか大丈夫です。特に今月は毎週末飛行機に乗っているのですが、離陸前から寝られるぐらい恐怖心は皆無です。なぜでしょうか?


2019年10月17日

休診のお知らせ

朝晩はすっかり寒くなりましたね。雪虫も飛んでいるのを目にすると、初雪はもう近いのでしょうか。クリニックでも暖房が稼働し始めました。スタッドレスタイヤの交換もそろそろですね。
院長の学会参加に伴い、下記期間は終日休診とさせていただきます。
10/20(日)〜10/22(火)
なお、10/23(水)は通常通り朝9:30より診療開始いたします。ご迷惑をおかけいたします。



2019年10月6日

ラグビーワールドカップ

土曜日のサモア戦、日本強かったですね。テレビ中継では反則などのルールの解説もテロップが出て、ラグビーを知らなくてもなんとなく盛り上がれますね。そんなサモア戦の舞台である名古屋に勉強しに行ってきました。笑
名古屋は院長にとっては少し馴染みがある土地です。名古屋は札幌と同じように大通公園があって、その端にはテレビ塔もあります。きしめんや味噌カツ、ひつまぶし、喫茶店のモーニングなど、ローカルな文化が根ずく土地ですね。それも含めて札幌と似ている気がします。
札幌はめっきり寒くなってきました。名古屋は30度近くもあり、10月とは思えないような気温でしたが、千歳空港に降り立つと、温度計は9度しかなく、吐く息が真っ白でした。冬は近いかもしれませんね、、、。風邪も流行っているようですので、皆様お気をつけください!


2019年9月26日

ジルコニア

みなさんはジルコニアという材質をご存知でしょうか?人工ダイヤモンドの材質としてご存知の方も多いのではないでしょうか。歯科で使用するジルコニアは人工ダイヤモンドとは少し結晶構造などが違いますが、金属並みの強度を有する材質です。歯科用のジルコニアは白い材質なのですが、他の歯と近似するほど綺麗とは言えない感じでしたが、今では前歯でも使用できるほど綺麗な被せ物を作ることができました。
今回ご紹介するのは、先日イボクラールビバデントというメーカーから発売されました新しいジルコニアです。前歯でも使用できるような多層構造のグラデーション(マルチレイヤー)になっています。ご興味ある方はご相談ください。

2019年9月24日

ディズニーリゾート

札幌はすっかり秋の気配で、先週は大雪山系で初冠雪など、冬の足音が聞こえて来ましたね。
わたなべデンタルクリニックは今月もなぜか院外イベントがありました。皆さんご存知のディズニーリゾートです。台風の影響も心配される中での決行でしたが、日曜日の夜だけ雨に当たってしまったものの、晴天に恵まれ、日々の仕事を忘れて束の間の夢の国を満喫したみたいです。しかし、院長は疲れていますね、、、笑。
「ディズニーランドは永遠に完成しない。この世界に想像力が残っている限り成長し続ける。」これは、ウォルト・ディズニーが遺した言葉です。ディズニーランド、ディズニーシーのどちらにも、至る所に「Where dreams come true(夢が叶う場所)」と書いてありました。素晴らしい哲学ですね。


2019年9月8日

技工用マイクロスコープ

今日は9月だというのに季節外れの真夏日ですね。胆振東部地震から1年経ちました。月日の経つのは本当に早いものです。
今日は技工用マイクロスコープの紹介です。皆さんの口腔内に装着されている技工物は、技工士という国家資格の方が作製しております。我々が行う歯科治療という分野は、過去現在未来において、ずっと細菌(虫歯菌、歯周病原菌)との戦いです。むし歯を取り除いた後に、いかに精度の高い修復物を確実に装着させられるかが二次的なむし歯を予防する上での重要なファクターの一つであるため、技工士の方々は日夜、このマイクロスコープを覗きながら精度の高い修復物を作製しております。視覚からの情報量はとても多いので、見えるということは高精度を担保する上では必要不可欠です。


2019年8月22日

イボクラールビバデント


朝晩は急に冷え込んできましたね。寝られないほどの暑さも恋しいくらい。もう夏は終わってしまったのでしょうかね??
昨日は診療後、スタッフの企画でボーリングをしてきました。メーカーやディーラーの方も巻き込み、よくわからないタイミングでのイベントでしたが、あんまり乗り気でなかった院長も楽しめました(笑)。先月のビアガーデンやBBQなど、院外イベントがやたらと多いような気もしますが、、、。
今回は主に保険外(自費)治療で、被せ物や修復物を接着するためのセメントのご紹介です。少し前より、イボクラールビバデントというリヒテンシュタイン公国(世界最小国の一つで、金融や切手が有名)に本社を置くメーカーに統一いたしました。当院では3台の光照射機など、このメーカーの製品が多数採用されております。またセレックで使用するe-max CADと呼ばれるセラミックも、このメーカーの製品です。11月にはスタッフと一緒に、東京のイボクラールビバデントまで行き、勉強してくる予定です。

2019年8月15日

ホームページを少しリュニューアルいたしました


写真などの細かな変更点ばかりですが、レントゲンのページに睡眠時無呼吸症なども追加しております。
SICAT AIR





更新情報

・セレックガイド
・飛行機
・休診の知らせ
・ラグビーワールドカップ
・ジルコニア
・ディズニーリゾート
・技工用マイクロスコープ
・イボクラールビバデント
・ホームページを少しリニューアルしました