わたなべデンタルクリニック

011-888-4618

information
お知らせ

わたなべデンタルクリニックの過去のお知らせに関しては下記のタブよりご覧ください。
past informatin






HOME > latest information

NEWS

2019年4月19日

休診のご案内

4月28日(日)から5月6日(月)までは終日休診とさせて頂きます。ご迷惑おかけいたします。なお、5月9日(木)は通常診療といたします。

2019年4月7日

セレック

本日は当院の歯科衛生士と技工士と一緒に、セレックのセミナーに参加してきました。
スタッフにとってはすこし難しかったかもしれませんが、院長がどのようなことを考えて日々の臨床を行なっているか少しわかってもらえた気がします。歯科ではMIという概念が浸透し、できるだけ歯質を温存する治療が広まってきました。それは材料学的な発展が大きく寄与しておりますが、できるだけ最小限に治療介入するだけではなく、いかに長期的に機能させることができるかも重要になります。それには、どのように歯を削っていくか、どの材料で修復していくか、どのように接着させるかなどなど、すべてのステップで多くのことを考えて治療が進められます。治療を行うのは歯科医師ですが、スタッフもその知識を共有することで、患者様にも大きなメリットをもたらしてくれると思います。

2019年3月31日

インプラント

今日は3月最終日。明日には新元号が発表されますね。わたなべデンタルクリニックも4月で開院2周年を迎え、3年目に突入しましす。来ていただいている多くの患者様はじめ、当院に関わる全ての方に感謝申し上げます。
今回はインプラントについてご紹介です。今月はインプラント手術の方が多く、ご予約でご迷惑をおかけ致しておりますこと、お詫び申し上げます。
昨今、ネットや新聞でインプラント治療のトラブルが取り上げられているようです。インプラントに限らずですが、術前の診査が極めて重要です。治療費も高額ですので、利点欠点を十分に話し合って決められるのが良いと思います。当院ではより安全で安心なインプラント治療を受けていただけるようにシムプラント というソフトを用いて、適切な位置にインプラントができるようにシミュレーションを行い、そのシミュレーション通りにインプラントを行うためにガイドというものを作製しております。
3年目のわたなべデンタルクリニックも、来ていただく全ての患者様に満足いただけるように、これまで以上に研鑽してまいります。


2019年2月17日

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndorome : SAS)

最近は真冬日ばっかりですが、来週からは最高気温がプラスになり春の足音が聞こえてきそうですね。まだインフルエンザや風邪も流行っているようですので、お気をつけください。
今回は、わたなべデンタルクリニックの新しいソリューションの紹介です。睡眠時無呼吸症候群(SAS)です。
睡眠時の無呼吸が原因で、健康寿命が著しく損なわれたり、心疾患や脳血管障害などリスクが高まるという研究報告が近年多くされており、ご存知の方も多いかと思います。日本でも、バスの運転手が突然意識を失い重大な事故を起こしたニュースも記憶に新しいですが、原因はSASであると言われています。日本でのSAS患者は潜在的に300万人いると言われておりますが、潜在的にということは適切な検査や治療を受けていない方が多いということでもあります。重度のSASは耳鼻科による治療が必要ですが、軽度や予備軍の場合は歯科で作成するマウスピースが大きな効果を発揮します。当院では北海道で初めてSICAT-AIRという気道解析ソフトを導入いたしました。今後は耳鼻科の先生とも連携していく予定です。
矯正治療や全顎的な治療を行う場合、気道を狭窄させていないかどうかは歯科においても重要になってくると思います。セレックやCTと連動させて多角的なアプローチが可能になります。


2019年1月10日

インプラント ガイデッドサージェリー


本年もよろしくお願い申し上げます。
年末年始は穏やかっただったのですが、年明け早々、冬将軍が来ましたね。インフルエンザも流行しているようですので、皆様体調管理にはお気をつけください。
新年早々、わたなべデンタルクリニックにインプラントのガイドキットが届きました。インプラント治療はCT画像を元に診断を行いますが、診断した通りにインプラントを埋入するためのツールです。さらなる安心、安全を担保することができ、予知性の高いインプラント治療を可能にします。また、年末に導入したセレックも活用して、今までできなかったことも可能になりました。症例によってはインプラントを埋入したその日に仮歯まで作製することもできます。インプラント分野こそ、デジタル化の恩恵を一番受けているところです。
今年も、患者様に来て良かったと言っていただけるクリニックになるように、さらなる研鑽していく所存です。



2018年12月25日

クリニック改修工事

先週末の連休でクリニックを少しだけ改修いたしました。それほど大きくは変わっていないと感じられるかもしれませんが、かなり大掛かりに土曜日の午後から3日間かけて改修しております。ミリングマシーン(セレックでスキャンした歯をブロックから削り出すための器械)を設置するための改修工事です。クリニックのどの場所からスキャンしても、この器械にデータが行くようになっております。また待合室に設置しておりますので、自分の歯が削られているところを自分の目で見ることができます。最初は感動しますよ!!
またジルコニアを削り出すために必要なドライミリングのためのバキュームも接続してあります。長いブリッジで無ければかなり多くの症例に対応できます。気になる方はぜひご相談ください。


2018年12月20日

セレック 
WATANABE DENTAL CLINIC meets cerec! 

わたなべデンタルクリニックに遂にセレックがやってきました!!
削った歯をカメラでスキャンして、そのスキャンデータをもとにコンピューターがデザインし、ブロックから歯を削り出してきます。セラミックやジルコニアなどの多くの修復物を当院で作製することが可能になりました。セレックは、ドイツのシロナという会社の製品ですが、この会社は30年以上前の1987年にセレック第1号機を世に送り出した老舗です。ちょうど日本はバブルに湧き始め、国鉄が民営化された年です。この歯科用CAD/CAMという技術はここ数年の間にものすごい勢いで普及し、歯科にはなくてはならないものになりました。当院にあるマイクロスコープと同じように、日本での普及率はまだまだ低いですが、こんな器械も普通になる時代がそんなに遠くない将来やってくることでしょう。
せっかくなので、ご自身の歯を削るところも見られるようにクリニックもこの週末に少し改修工事いたします(もちろんプライバシーの問題がありますので、ご希望される方だけですが)。さらに来年からは技工士の資格を有している方も一緒に働いていただく予定です。もっともっと面白いことができそうです。


2018年12月15日

年末年始休診のお知らせ

年末年始は下記期間、終日休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたします。
  12月28日(金)〜1月3日(木) 終日休診



2018年11月8日

セレック cerec

本日は休診日でしたが、朝からセレックという機械を搬入して、当院でデモを行いました。削った歯をカメラでスキャンすれば、コンピューターでデザインした被せ物を自動で削り出してくれます。今回使ったブロックはe-max CADと呼ばれるもので、更に一手間、クリスタライズという行程が必要になるため、それを焼くための炉(ファーネス)も使用しています。削った歯をスキャンして、30分足らずで歯が削り出され、あっという間に被せ物が完成します。通常であれば、型採りして、仮歯作って、また後日セットしてなんていう作業がいとも簡単にできてしまいます。どんな被せ物にも対応できるわけではありませんが、それでなくても時間がかかるのが歯科治療なので、魅力に感じられる方も多いかもしれませんね。また、あの型採りが苦手な方にも、削った歯をカメラでスキャンすれば終わりなので、歯医者に行く足が軽くなるかもしれませんよ。
これらの機械が当院にやってくるかはまだ未定ですが、近い将来、こんな治療が普通になってくるかもしれませんね!!


2018年11月5日

OSIカンファレンス

この週末はOSIという私が所属するインプラントのスタディーグループのカンファレンスに参加してまいりました。福岡で開業されているアメリカの歯周病インプラント専門医である築山先生の講演でした。日本のみならず世界中で成人の80%が歯周病と言われておりますが、大変興味深い講演でした。私とほとんど変わらないご年齢でありながら、世界でご活躍されており、すごく刺激を受けました。当院の衛生士も、築山先生の執筆された本を読破したようなので、次は私も今回の講演をより深く理解するためにも読みたいと思います。


更新情報

  • インプラント ガイデッドサージェリー
  • クリニック改修工事
  • セレック
  • 年末年始休診の知らせ
  • セレック
  • OSIカンファレンス